>>>TopPage

■ご存じですか?「8020運動」
歯科医師会では80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという8020運動を展開して
います。
何でも満足に食べられるには、咬める自分の歯が20本以上必要です。

■80歳でわずか4本・・・
日本人の平均寿命はここ30年間の間に男女とも約10歳延びていますが、歯の寿命は
ほとんど延びておらず、75歳を過ぎると4人中3人がほとんど歯がなくなります。
でも、現実には55歳以上になると歯を失う率は急激に高くなり、80歳ではわずか4本しか残っていないという情けない状態です。

■歯周病は歯を失う最大原因
歯を失う原因としては、まずむし歯を思い浮かべる
人が多いでしょうが。
でも実際は、むし歯との歯周病が半々で、ほとんど
差がありません。
若い人はむし歯が原因の場合が多いけれど、
年齢が高くなるにしたがって歯周病が
増えていきます。
40歳以上の中高年世代では、ほとんどの人が
歯周病が原因で歯を失っています。

■25歳以上の約8割はすでに歯周病
歯周病は、歯についたプラーク、つまり歯垢の中にいる歯周病菌が、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していく病気です。
ひと昔前までは「30歳代からの病気」といわれていましたが、最近は発病年齢が低年齢化する傾向があり、5〜14歳の子供の約4割が歯周病という報告があります。
25歳以上の大人では、約8割が歯周病に侵されています。
だから自分には関係ないと思っている人も、歯周病にかかっていないか疑ってみた方が賢明です。

■歯周病予防はこれだ
○プラークコントロール
○禁煙 節煙
○充分な睡眠
○少なくとも年1回の定期健診
○歯石除去
○ストレスの回避 過労と避ける
○健康な食生活

■むし歯予防はこれだ
○プラークコントロール
○フッ素物対応
○規則的な、健康な食生活
○少なくとも一年に一回の定期検診

■女性の方は御注意を
 生理、妊娠、更年期と女性は生涯を通じてホルモンの変化を経験します。
歯肉も女性ホルモンの影響を受けることがわかっています。
 生理の前に歯肉の炎症は強くなり、生理とともにおさまります。
さらに妊娠中の歯肉は歯垢などの汚れに対してとても敏感になります。
 また、更年期には、ホルモンの変化のため、歯周病にもかかりやすくなります。
妊娠前、更年期を迎える前までに歯肉をきちんと健康な状態にしておきましょう。


Copyright (C) 2006 Izumi-city Dental Association.All Rights Reserved.